松阪牛個体識別管理システムに登録、
厳重な管理の下飼育しています。

伊藤牧場は、昭和30年創業以来、約60年松阪牛を飼育させていただいております。
三重県津市一志町で約500頭の松阪牛を松阪牛個体識別管理システムに登録し、
厳重な管理の下飼育しています。

出荷時には、個体識別番号や血統証明書などに基づく確認を行い、
流通販売時には松阪牛個体識別管理システムにより「松阪牛証明書」「松阪牛シール」が発行され、
消費者の方々はその情報はインターネットや携帯電話で確認できることにより、
安心・安全」を確保させていただいております。

伊藤牧場がお届けする松阪牛とは

優良血統書付きA5ランクの牛

優良血統書付きA5ランクの牛

伊藤牧場では厳選された優良血統の仔牛をせりで買い付け飼育しております。いい品種を最高の環境で育てるをモットーに愛情を持って最高品質の松阪牛を育てあげます。

ストレスを与えない環境作り

ストレスを与えない環境作り

一日3時間しか睡眠をとらない牛に取って、ストレスを感じない環境での飼育はいい牛に育つか育たないか大きく影響してきます。通常2〜3頭を1つのスペースの中で飼育するのに比べ、当牧場では広くとったスペースの中で1頭を飼育し、のびのびとストレスを感じる事のない環境を作っています。

独自配合の餌

独自配合の餌

ふすま・大豆・とうもろこし・麦をオリジナルの黄金比率で配合した餌は、おいしい松阪牛を育てる為に試行錯誤を重ねてたどり着いたもの。この餌で育てる事により、色鮮やかな甘い肉質に育てる事ができます。

徹底した空調・気温の管理

徹底した空調・気温の管理

最適な温度に保つ為、牛舎には様々な設備を備えています。暑い空気がこもらないようにしっかりと空気を循環させて、暑い季節にはミストシャワーで温度を下げて牛が過ごしやすい環境を保つ設備を整えています。

安心安全な循環型農業による飼育方法

牛に与える藁も通常では中国産を輸入、使用している牧場さんが多い中、
自分たちで田んぼを耕し、お米を育て、全て自社でまかなう循環型農業を取り入れています。

飼育方法

会社概要

会社名 有限会社伊藤牧場(ゆうげんかいしゃ いとうぼくじょう)
所在地 〒515-2504 三重県津市一志町高野1168
TEL・FAX 059-293-0708
関連会社 販売部門:株式会社I.T.O貿易
主な取引先 (有)市村、(株)吉澤畜産、(株)安齋、(有)延岡牧場、(株)東京芝浦臓器、(株)イヌイ、東洋軒、(株)朝日屋、(株)エスフーズ、(株)吉澤商店、(株)田島商店、東京食肉市場(株)、大阪市南港食肉市場(株)、南九州畜産興行(株)、(株)滋賀食肉市場、(株)日硝ハイウエー、三唱物産(株)、(株)領山、昌栄運送(株)、三重イセキ販売(株)、(株)ケイアイコン、(株)中部ケミカル、日本フード(株)、ベスト運輸(株)、三愛運送(株)、(株)大森土木工業、竹田建築
  • 受賞盾
  • 牛の体調を診る
  • 受賞トロフィー
  • 餌やり
  • 餌を食べる松阪牛